筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

リアル筋力初心者用Q&A

筋トレの原理原則

Question
私はジムでビック3を主に鍛えて、普通の人よりも重いものを持ち上げることができるようになったとは思いますが、自分の体が軽くなったようには感じません。
そもそもリアル筋肉とはどういったメニューを組んで鍛えればよろしいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Question

>私はジムでビック3を主に鍛えて、普通の人よりも重いものを持ち上げることができるようになったとは思いますが、自分の体が軽くなったようには感じません。

普通の人より重いものが持ち上がっているのに自分の体が軽くなっていないとすれば、一つには体重が重いことが考えられます。これは単に減らせば良いということではありません。体重に比してどれだけ強い筋力発揮できるかということです。

あと、もう一つ考えられるのは、トレーニングにおいて必要以上に大きな可動域をとっている場合です。人間はそもそも強い筋力を発揮しようとすればするほど、可動域を必要最低限にしようとします。例えば、できるだけ高く跳ぼうする人が深くしゃがんでから跳ぶなんてことないはずです。ところが、日頃フルレンジのトレーニングで無理な位置での筋力発揮を訓練している人達は、そんなありえない動作をしようとするのです。そんなもん、パフォーマンスが落ちて当然ですし、体を軽く動かせるわけがありません。

>そもそもリアル筋肉とはどういったメニューを組んで鍛えればよろしいのでしょうか?

メニューうんぬん以前に、まず現在採用している種目のやり方が間違ってはいないかどうかをリアル筋力のサイトなどを参考に考察してみてください。もちろん私でお役に立てることがあれば分かる範囲でお答えします。

まずはトレーニングの原理原則が理解できていることが大事です。

その上でという前提で言えば、メニューはまず目的です。それがはっきりしていれば自ずと方向性が決まってきますし、工夫も生まれるでしょう。でも、「どうなりたいのか」がなければどうしようもありません。例えば脚力を養成したい人がベンチプレスに心血を注いで取り組んでもほとんど意味がないでしょう?

前のページへ

次のページへ





西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ