筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

リアル筋力初心者用Q&A

ボディービルダーの筋トレ

Question
トップの『ボディービルダー』『ストロングマンコンテスト選手』のウェイトトレーニングのやり方って、どの様な違いがあるか解りますか?

どちらもかなりの筋肉量ですが、筋力はやはりストロングマンコンテスト選手の方が高いですよね?
※バルクアップをしながら筋力もしっかり上げていきたいので、トレーニング方法等、色々悩んでます。

Question
一言で言えば「目的」が違うということです。

ボディビルダーでも身体能力の高さをある程度維持できている人もいますが、現在の普通のボディビルコンテストにおいては身体能力の高さを必要としない以上、彼らの筋力発揮に動きを追求するものは必ずしも必要ありません。最大筋力発揮位置のみでひたすら負荷をかけ、栄養を放り込むことで筋肉は大きくできます。もちろん、それはそれで大変な努力ですが、徹底的に効率化するとすれば、トレーニングを通じて筋肉を大きくするという目的にはそれが必要十分な条件と言えます。

一方、ストロンゲストマン達は、基本的には「重いものをいかに楽に運ぶか」が競技上重要なテーマなので、A地点からB地点までのリフティングという筋力発揮を追求せざるを得ません。ただ、それは同時に、最大筋力発揮位置にとてつもなく重いウェイトを運ぶ能力もあるということですから、当然そこで負荷を受け止めている総時間が長ければ筋肉も大きくできるわけです。また、競技種目によっては体重が重いほうが有利に働くものも多いはずなので、ボディビルダーほど体重増加を気にする必要もないかと思われます。

結果、ボディビルダーのようなウエストの細い美しい造形美はなかなか得られないでしょうが、迫力のある巨大な外見をも身につけているケースは多いはずです。

あなたの目的に近い方向性を選んでください。

ちなみに、リアル筋力は、ご存知のように、動作における筋肉発揮の追求が最優先であり、筋肥大はオマケだという捉え方です。ですから、我々にとって筋肉だけ大きくすればいいという考え方は「筋肉トレーニング」であっても、「筋力トレーニング」ではないとしています。そして、本来筋トレという略称は後者をさしている! という立場です。

前のページへ

次のページへ





西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ