筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

リアル筋力初心者用Q&A

懸垂の回数を増やす筋トレ

Question
懸垂の回数を増やすにはどのような筋トレがいいのでしょうか?

Question
懸垂の回数を上げるには、ズバリ懸垂を徹底的にやることです。このとき、反動をバンバン使い、決してわざとゆっくり動かすようなことがないように。

力がなくなってくればくるほど下ろせなくなるのが自然で、最後には少しも下ろせなくなって終了。というのがポイントです。一回一回下まで下ろしきってしまうようなやり方は非効率ですので、なかなか懸垂の力は向上しません。

筋肉だけのことを考え動きを度外視するとすれば、極端な話、引ききった位置で静止維持し、ひたすら耐えることが最も効率的ですが、懸垂の動きの練習にはなりません。なりませんが、この方法もバリエーションとしてやってみると良いでしょう。ベースとなる懸垂時の力の向上はこの方法がもっとも効率的です。

もちろん、身体に少しずつでもウェイトをぶら下げるなどして負荷を高めると、かなり手っ取り早く効果が出ますが、そういう環境にない人は、反復回数を毎回一回でも増やすようにしたり、静止維持時間を一秒でも長くできるように頑張ると良いでしょう。

Question
だとすれば長懸垂の方が効率が悪いということですか?

Question
ここで言う効率は、オールアウトするまでの時間が長くかかるか短くてすむかの話なので、別に長い時間懸垂することがいけないということではありません。でもウェイトがあるなら利用したほうがトレーニング時間を短縮できますよ。

前のページへ

次のページへ





西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ