筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

筋肉と重力の関係

筋力向上運動の基本的使用エリアは地球上である

筋力向上運動の基本的使用エリアとして、地球上であり、またそのエリアで働く重力(引力)を対象にしたトレーニングでなければ地上での使用価値の低いものになってしまいます。本来重力による加重運動はその本質を捉えナチュラルな筋力を形成し実用的な筋力向上運動といえます。あくまで重力というものから目を離すべきではなく、この基本を無視した意味の無い安易な筋力運動を指導するべきではありません。
また、その様な重力を無視した運動を指導している方達が、本当に実用的筋力運動を知っているかというのはひを見るよりも明らかで、実際に長くトレーニングを続けているアスリートたちは重力を無視したアンナチュラルな練習はしていないのが現実で、重力や引力を無視した器具やトレーニングを推奨するのは実際のトレーニングを知らない事を露呈している証拠にほかありません。その様なものを推奨する前に自分自身でトレーニングをしてみてから考えていただきたいと切望します。

人間は重力下で生きています…

伸張反射の図解ウエイトトレーニングにおける筋力とは身体に何か抵抗があったときに働き出す力のことです。地上で生活する場合常に重力の抵抗を受けています。人間のバランス機能の範囲で無理なく立っていたり、寝ていたりしていても筋力はほとんど、必要とされません。たとえば、かがもうとしたり、起き上がろうとしたりするときに生じる重力の抵抗に対して条件反射的に筋力が働いてくれます。その時にとても人体の構造上重要な事があります。それは伸張反射といいます。伸張反射とは身体に何か抵抗がかかったときに瞬間的に筋肉が伸ばされます、その瞬間に筋肉は素早く収縮してその抵抗に耐える準備をしてその抵抗から体を守ろうとする筋肉の動きのことです。それはその時の抵抗が大きければ大きいほど筋肉は激しく収縮します。伸張反射は筋肉や腱、間接を守る為の保護的反応と言えるもので、筋力トレーニングを行う上で大変重要な事です。これは人間が運動を起こす時にほとんどの場合に働いています。 たとえばボールを投げるときや、飛び上がる時を想像してみてください。 必ず一瞬筋肉を伸び側に働かせようとしている事に気付くはずです。 大きく感じられるのはこの様な時ですが、実際には、歩くために足を踏み出す事や、机の上に手を付くような日常の動作でも同じ反応が働いています。 
この反応が起こらなければ人体には深刻なダメージを与えてしまいます。その瞬間的な筋肉の伸び側の動作を無しにボールを投げたとしたら、その他においてもその瞬間的な動作をしないで急激に筋肉に負荷がかかったとすればどれだけ危険であるのかは想像に難しくは無いでしょう。この反応を起こすには何も特別な練習を要しません。普段の生活の中で自然に重力を感じている事で起こっています。 したがって重力を感じるままに自然な動きの中での負荷であればなんら意識する必要のない事です。 要するに不自然でない事が大事なのです。トレーニングを行う際にもこの自然さを大切にし、不自然な運動動作を避ける事が怪我の予防につながります。
こうした保護的な反射反応は重力と大きな関係があります。人間が運動や生活を行う上で重力の抵抗の中で生活している事は紛れも無い事実ですが、重力以外の抵抗値とは何かと考えた場合、ゴムだったり、油圧、空圧、水圧だったりするわけで、これを一般生活の中で感じられるかというと、いかに特殊なケースであるかがわかるはずです。重要な事に気付いてください、その様なものは実重(重力)が存在しないものです。人間の関節は常に重力に対しての軸となり、支点となって重力方向へ真っ直ぐに抵抗がかかっています。そしてその関節を支点としたテコ作用により筋肉の収縮により骨格はで作動しています。重力以外ではこの支点の作用は働きません。 その実重が存在しないもので筋力トレーニングをしてみると解るのですが、伸張反射およびその他の筋肉の反応が非常に困難で、実重でトレーニングを行った場合と比較してみればまったく違う事は明白です。結果を求めているスポーツアスリートは重力の伴わないトレーニングを実践しても効果が出ていないのが現状です。
一般的にどのような抵抗でも筋肉に負担がかかることで筋力トレーニングになると思われがちですが、実用的な筋力が必要であれば限定されるはずです。人間の体は重力の中で存在するように出来ています。その重力の中でしか筋肉は正常な反応は起こしません。100歩譲って、そのような特殊な状態の反応を起こしたとしても、重力となんら関係ない筋力が実用的で必要なものなのでしょうか、実用的な筋力で無ければ地上で生活する上においては本末転倒ではありませんか?伸張反射も重力とその慣性や速度、加重に応じて筋肉の収縮度が変わります。その重力の抵抗加重の反射反応こそが転倒や筋肉や関節の過伸展を防ぐのです。人体は筋肉も骨格も重力を基準に間接を支点として稼動するように形成されています。真実を常に真摯に受け止めて、筋力トレーニングの本質を見失う事無く、研究精進して筋力トレーニングで人間社会に貢献したいと願っています。




西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ