筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

超簡単ダイエット方法

最低限の要素すら満たしていないダイエット方法が横行している

ダイエットとは『健康的に痩せる』と言う本来単純なものです。しかし現在ではその本質から大きくずれたものが横行している現実があります。

①自分の日常生活を変えるもの。
②自分の食事内容を大きく変えるもの。

ダイエットとは『健康的に痩せる』事上記の事がダイエットの主軸になっているものはただ単に、インチキと言って良いと思います。思考力があればわかるのですが、本来の生活や食べる物を変える事は本来の自分自身を否定する事です。
例えば明日から食事の変わりに○○を取りましょうとか、明日から日常生活を○○に変えましょうとか、今まで行なっていない○○運動を長時間しましょうとか言うものです。
この様な事を強制すれば、誰だって痩せさせるのは当たり前の事です。こんな強制を我慢して痩せた人や、我慢できなくて挫折した人がいると思います。しかしこの様な方法では、本来挫折した人ほど正常な精神状態であると言えます。今までの生活に無いものを、今までの生活以上に変える様な事は自分自身を変える事であり、現実にはそこまで自分を変える事など不可能な事なのです。だからこの様な方法で減量に成功しても、それは自分自身ではないので一時的な姿でしかありません。
仮に運動指導と食事指導に誰もが従えるのであれば、誰だって痩せさせる事は可能です。そんな物は単に『必須栄養素と必要カロリーさえ満たしていれば』、食事の種類や、運動方法なんて何だって良いのです。しかし、この最低限の要素すら満たしていないダイエット方法が横行しているのが現状です。だからこんな方法はインチキとしかいえないのです。個人の生活形態を無視してただ単に『誰でもが痩せる運動時間と食事』方法を強制されて従えるはずないし、従い続けられる方がおかしいのです。

本当のダイエットとは

本当のダイエットとは自分の食生活と日常生活形態を根底から変えて出来るものではありません。一人ひとりの生活形態や食生活を阻害すること無理なく千差万別に、より健康的に考えて行なうものです。
そこで誰にでも共通している真実は、贅肉が着くのは単に自分の日常運動動作以上に食品のカロリー摂取が多いからです。だからと言って逆に運動動作を増やせばバランスが取れてダイエットになる等と安易に考えないで下さい、この考え方も間違いです。その事が正しいのであれば30分間食べ続けた摂取カロリーと、30分間動き続けた消費カロリーが同じであればそうでしょう、しかし現実的には全く違います。30分間で食べたカロリーを30分間で消費出来ることはありありえません。実際には運動カロリーは時間に換算され、摂取カロリーは量に換算されます。だからこの様な質の違うもので足し算、引き算して考える事自体が間違いなのです。

『食べ過ぎている量と必須栄養素』を考える

まずダイエットを行なうには、自分自身が日常必要動作以上に食べ過ぎている事を知る。次に自分に足りていない栄養素を考える事。
この自分自身が『食べ過ぎている量と必須栄養素』を考える事からでなければダイエットとは言えません。今現在身体に着いている筋肉は通常生活動作でおのずと維持されるので、筋肉維持には追加運動は関係ありません。よりからだのラインや筋力を付ける目的があるならダイエットとは関係なく筋トレを行えば良いです。身体のラインが変わるとよりダイエットに対する意識も向上します。

ダイエットの本質

一食毎に必ず一口分減らしてみる自分が一日に必要とされる運動カロリー以上に食べ過ぎている量を見つけるのですが、具体的には非常に難しいものです。ただハッキリとしているのは自分に贅肉が着いているかどうかです。もしも贅肉が着いているのであれば明白に食事によるカロリーが運動カロリーを上回っているのです。従ってその贅肉を正確に減らす為に現実的な引き算をする必要があります。それは運動や食品などの日常生活を変えずに、一食毎に必ず一口分減らしてみる事です。そうすれば大きくは減らなくても必ず贅肉の減少は数日で解かります。これは全てを変えずに食事だけを少しだけ減らすと言う方法なので確実な引き算として成立するからです。日常運動動作を著しく変えたり、食品まで変えてしまったら、何でどうなったかが解りません。またそれは自分自身とは言えません。重要な事は現在の自分自身に余計なものを排除して、より健康になる事がダイエットの本質です。
それと同時に今まで気にかけていなかった『必須栄養素』についても学んでください。自分自身にどの様な栄養が不足しているのか?をこの機会に調べる事も良い事です。より良いダイエットになる事は請け合いです。嫌いな食品でしか取れない『必須栄養素』においても、現在ではサプリで補う事も出来ます。好き嫌いの為に取らないよりははるかに良いので、嫌いな食品限定で利用するのが良いでしょう。しかし内臓の為には、できるだけ自然な消化機能によって栄養素を摂取するのが良いでしょう。

超簡単ダイエットの具体的な方法

具体的な行動としては、日常生活を大きく変えない。食事内容も大きく変えない。そこで一食一口だけ食事を控え出来る限り必須栄養素を取る事です。毎食一口だけを控えるだけで必ず贅肉は減少します。これで成果が出ない人は必ずこの事を行なっていないだけだとハッキリと言えます。これは完全なる通常生活状態からの引き算になるからであり、『自分は行なっているのに効果が出ない』などは嘘以外の何物でもありません。必ず誰もに脂肪減少の効果が出ます。一ヶ月これを続けると一口減らす事が普通の食事量になります。効果に応じてそこでまた一口減らしていきましょう。そうして自分の理想の体脂肪を目指しましょう。また、必須栄養素に対する意識を上げることでより健康になりますので、まずはこのことで成果を感じてください。

工夫する事で、脂肪の減少をさせる事は可能!

低カロリーのヨーグルトあとまだまだ工夫する事で、脂肪の減少をさせる事は可能です。食事の前に自分の好きな低カロリーの食品をとるのは大きな効果が出ます。例えば低カロリーのヨーグルトを食事の前に300gくらい取るとか、美味しい野菜ジュースを300cc飲むと必須栄養素を同時に取る事が出来、その上に食事の量を落とさずにカロリーを押さえる事が出来ます。
ヨーグルトを高蛋白低カロリーのプリンや、ジュースを必須栄養素の入ったプロテインに変えても良いでしょう。ようは食事の前に低カロリーの高栄養素の食品でお腹を満たす事は非常に良い方法と言えます。

超簡単ダイエットのまとめ

①自分の日常運動動作を大きく変えない。
②食事時間や内容も大きく変えない。
③余ったカロリーを無理なく排除する方法をとる。
④必須栄養素に気を使う。

ダイエットとは以上の事柄だけでこの様な事は誰に頼る事でも、変にお金を使う事でもありません。また、このことを理解すればいかに本末転倒なインチキダイエット法が世間に出回っているかが解かるでしょう。食生活を大きく変えたり、今までしていない長時間の運動を強いれば痩せるのは当たり前の事です。しかし現実にはこの様な事が出来ない、続かない、維持できない、のです。何故ならば人間個々を無視した机上で杓子定規な非現実的な事を言っているに過ぎないからです。絵に描いた餅は絵に描いた餅でしかなく、現実の真実ではないと言う事です。皆さんも現実と真実を見据えて自分の『リアルダイエット』を見つけて下さい。

スポンサード リンク

ページの先頭へ