旧2006~08鍛錬のブログ

旧鍛錬ブログ

当サイトにコンテンツを提供して下さっているトレーニングマシンメーカー株式会社鍛錬・代表取締役の大岡明尋氏の運営していた。旧鍛錬ブログ。

タイトル一覧・2008年7月

今みなさんの応援を必要としています

私は今困惑しています。筋トレ知識や筋トレ種目に対して頂点であるはずのボディビル関係者達が私の口を封じ込めようとしています。 もちろんその中にも私の意見に耳を傾け賛同してくれる人達もいます。しかし、組織の幹部的立場にいる多くの人達には根拠や真実は邪魔でしか無いようです。『私の言っている事を信じろ』的な指導についてこなくなるような事は営業妨害である様な被害妄想になり、私の意見を封殺することにやっきになって、色々な圧力をかけてきます。苦しければ報われる的な発想は無根拠です。悪い事で頑張ればより自体はより悪くなります。良い事で頑張ればより良くなるのは当たり前です。
筋トレの怪我の多くは筋肉の伸展方向で起こります。骨格筋の筋力の増減は関節軸のテコ作用に過ぎません。従ってテコ作用の非効率な位置では、筋肉は使えず関節周辺の腱や靭帯を痛めてしまいます。重量や疲労で関節可動域が狭くなるため、フルレンジでの動作では無理な関節位置の負荷を反動を利用して逃がしてやる必要があります。しかし、それでも最大収縮位置で負荷を受けられる事には変わりはありません。しかし、このような事も自然に動作をしていれば体が勝手に行ってくれます。もしも、ストリクトなスロー動作で行うとすれば、関節可動は自然に狭くなって行きます。たった10数回しか出来無い限界重量で無反動の同一可動の反復などありえません。真剣に正直にフルレンジでスローな動作で限界を求める様な事は想像しくもない結果を誘発します。
上記の様な事柄は長年のトレーニング経験者なら誰もが解る真実だし、説明されれば経験が無くても理解することが出来る常識です。少なくともこんな当たり前の上に立って指導できなければ指導者とはいえない。と私が筋トレ界に提唱して何故悪いのでしょう。
多くの怪我をしてきた皆さんや、無根拠なことを信じるトレーニングに縛られている人達に、この事に気付いてもらう事で筋トレ界の発展に繋がらないのでしょうか?今皆さんの応援を私は必要としていします。このままでは真実は封殺されてしまいます。筋トレ界の無根拠集団は権力を駆使し圧力をかけ一人ひとりが当たり前の思考を持ってトレーニングをする事を潰しにきています。
お金になる流行の奇異なトレーニングは推奨し、トレー二ーが根拠に目を向けること、自我に目覚めることを恐れ、目を塞ごうとします。このままでは本当に筋トレ界は駄目になってしまいます。ジムには無根拠な煙たい存在はいらない。筋トレ界にも無根拠な指導はいりません。今皆で声をあげる事から始めましょう。筋トレ界は一部の権力者で成り立つべき物ではありません。筋トレをしている皆さんの力で成り立っているのです。私も力の限り頑張りますので皆様の応援よろしくお願いします。

前のページへ

次のページへ





西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ