旧2006~08鍛錬のブログ

旧鍛錬ブログ

当サイトにコンテンツを提供して下さっているトレーニングマシンメーカー株式会社鍛錬・代表取締役の大岡明尋氏の運営していた。旧鍛錬ブログ。

タイトル一覧・2007年07月

ローイングをしよう

よく指導者の方やトレーニーから背中に聞かすのは難しいと言われます。そこで今日はケーブルローイングをしてみましょう。まずグリップはクローズ&ハンマーです。狭く立てに握ります。その時グリップはセンターよりもやや上部を持ちテンションが掛った状態では小指が選考する感じです。たったこの事だけで筋肉の緊張状態が驚くほど維持しやすいのです。最初に20回くらい出来る重量で最大収縮位に近い方でパーシャルレンジで速い動作でアップを行い、次に1セット目に入っていきます。重量は最大収縮位でやっと10秒静止維持出来るくらいで、うまく反動を使って最大収縮位まで持って行きそこで出来る限りの静止維持をします。静止できなくなったら、戻ってまた反動を使って最大収縮位まで持って行き静止維持です。静止維持の時間が段々と短くなり、静止維持出来なくなったら、反動で最大収縮位まで持っていくだけの動作を繰り返し、最大収縮位まで持って行く事が出来なくなったら、そのセットを終了します。インターバルは大きく息を4回~5回です。最初の負荷から10%以上減らさなければならない状態になればその種目は終了です。なにも細かな注意は要りません。ただ上記の事を試してみて下さい。背中のトレーニングが本当に難しい物なのかを感じて下さい。上記の通り行えたなら、たったこれだけの事で貴方のトレーニングは楽しいものに変わります。前回のアームカールでも同じような事を説明しましたが、トレーニングとは形こそ違えどもトレーニングの効率的なものは同じなのです。是非マスターしましょう。

前のページへ

次のページへ





西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ